スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<岐阜県白川村>合掌造りの家々をライトアップ(毎日新聞)

 岐阜県白川村で23日、世界遺産の合掌造り集落のライトアップが始まり、大小の合掌家屋が雪の闇夜に神秘的に浮かび上がった。

【写真特集】美しく青くライトアップされた各地の城、東京タワーなどをみる 世界糖尿病デー

 冬場の観光対策のために豪雪の村が始めたイベントで、今年で24回目。大雪の中、防寒具に身を包んだ観光客が詰めかけ、合掌家屋の障子窓から淡い明かりが漏れる集落の散策を楽しんでいた。

 来月20日まで、土曜と日曜を中心にあと6回行われる。【奈良正臣】

【関連ニュース】
【写真特集】「愛の泉」イルミネーション点灯式にトロが登場 風力発電で光の演出
【写真特集】長澤まさみ:青い“星空”に包まれ「すてき」 東京ミッドタウンXマスイルミネーション
【写真特集】上海万博:中国館など主要4施設をライトアップ
【写真特集】光の競演 美しいイルミネーションの数々

「食の安心安全は豊洲では守れない」築地の現地再整備 参考人が訴え(産経新聞)
西武有楽町店、閉鎖へ=年内にも(時事通信)
山崎拓氏「公認なければ離党」 引退報道は否定(産経新聞)
名護市長選、24日投開票=普天間争点に最後の訴え(時事通信)
<小沢幹事長>稲嶺新市長と会談、「思い受けとめる」(毎日新聞)
スポンサーサイト

エレベーターに押しつぶされる? ビル工事現場で作業員死亡 東京・新宿(産経新聞)

 23日午後7時40分ごろ、東京都新宿区南元町のビル建設工事現場で「作業員が倒れている」と、同僚の作業員から110番通報があった。作業員は病院に運ばれたが、死亡が確認された。40代の男性とみられ、警視庁四谷署は何らかの事故に巻き込まれたとみて詳しい原因を調べている。

 同署によると、現場は3階建てで、この日の作業が終了しても男性の姿が見当たらないことから同僚らが探したところ、エレベーター部分の下に当たる地下1階で倒れていた。

 全身を強く打った形跡があり、エレベーターのかごや重りに押しつぶされたか、エレベーターから転落した可能性があるという。

【関連記事】
工事現場でエレベーター落下 作業員2人死亡 東京都清瀬市
名古屋エスカレーターでオーチス社員らを略式起訴 名古屋区検
市川君への思いが本に エレベーター事故遺族ら
荷物用エレベーター 3年で37人死亡、政府が実態調査へ
エレベーター事故「運輸安全委の調査対象に」 国交相が検討表明

ペルー人少年の在留認める=脳腫瘍手術、国外退去訴訟-東京地裁(時事通信)
文化財防火デー 本番さながらの訓練 太宰府天満宮(毎日新聞)
おでんセットからまた針 千葉のスーパー(産経新聞)
飼い主はどこ?カメレオンとウサギ拾われる(読売新聞)
<コインパーキング>京の町並み虫食う 届け出“不要”で増加(毎日新聞)

千葉女子大生殺人 男を窃盗容疑で再逮捕へ(産経新聞)

 千葉県松戸市で昨年10月、マンションの一室が焼け、この部屋に住む千葉大園芸学部4年、荻野友花里さん(21)が殺害された事件で、千葉県警松戸署捜査本部が、荻野さんを刺したことを認めている、住所不定、無職、竪山辰美容疑者(48)を荻野さんのカードで現金を引き出した窃盗容疑で、近く再逮捕する方針を固めたことが24日、捜査関係者の話で分かった。

 捜査関係者によると、竪山容疑者は昨年10月21日午後、同市のJR松戸駅付近の複数のATM(現金自動預払機)で荻野さんのカードを使い、現金2万円を引き出した疑いが持たれているという。

 竪山容疑者は、荻野さん殺害や放火についても容疑を認める供述を行っており、供述に基づき、自宅付近から凶器とみられる包丁や血の付いたTシャツなどが発見されている。

 捜査本部は、竪山容疑者を千葉県内の女性2人への強盗致傷などの容疑で、今月上旬、再逮捕。逮捕は3度目となっている。

【関連記事】
「半落ち」容疑者vs捜査員、供述の信憑性は…“本丸”へ詰めの捜査 松戸女子大生殺害 
「荻野さんを刺した」 竪山容疑者の供述通り凶器も見つかる
実名か匿名か…分かれる判断 連続不審死、千葉大生殺害
警察庁長官が千葉入り 女子大生殺害現場で献花
千葉大女子学生殺人 ATMの男、犯行時には手袋を使用か

トヨタ労組、5年ぶりにベア要求断念(読売新聞)
空海 唐から持参の文献「三教不齋論」写本を発見(毎日新聞)
臓器移植の新規登録者 4分の1が「親族優先」(産経新聞)
<電気カーペット>パナソニック電工製で焼損事故 リコール(毎日新聞)
小沢氏、土地代4億円「自分の金」と説明か(読売新聞)

マンション協力金 不在所有者の負担認める 最高裁判決(毎日新聞)

 マンションの管理組合が、部屋に住んでいない所有者だけに月2500円の協力金支払いを求められるかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷(堀籠幸男裁判長)は26日、協力金は適法と認めた。小法廷は「管理組合運営を巡って不在所有者に一定の負担を求め、居住所有者との不公平を是正しようとしたことには必要性と合理性がある」と判断した。不在所有者側の敗訴が確定した。

 問題となったのは、71年から分譲された大阪市北区のマンション「中津リバーサイドコーポ」(4棟、全14階建て)。総戸数868戸のうち、約180戸は第三者に貸されたり空き室になって所有者が住んでいない。

 管理組合運営の負担が居住所有者に集中していることに不満の声が上がり、04年3月の総会で不在所有者に月5000円の協力金を支払わせる規約改正を議決。一部の不在所有者との和解内容を踏まえ、07年3月に月2500円に再改正した。不在所有者のうち計12戸を所有する5人が「規約は不公平だ」などと支払いを拒み、訴訟になっていた。

 小法廷は「マンションの管理組合の運営費や業務は本来、組合員全員が平等に負担すべきだ」と指摘。管理組合役員を務める居住者について「不在居住者を含む全員のためにマンションの保守管理に努め、良好な環境の維持を図っている」と認める一方、不在所有者は「役員になる義務を免れて組合活動に貢献していない。居住所有者が貢献した利益のみを享受している」と判断した。

 そのうえで、不在所有者に一定の負担金を求めることに必要性と合理性を認め、「支払いを拒んでいるのは5人に過ぎず、金額も受忍すべき限度を超えない」として規約改正は有効と結論づけた。

 この問題では計3件の訴訟が不在所有者側と管理組合から起こされ、2審・大阪高裁判決は1件について「月1000円の限度で協力金は有効」と認めたが、残り2件で「協力金を求める規約改正は無効」としており判断が分かれていた。【銭場裕司】

【関連ニュース】
身体拘束:賠償認めず、患者側が逆転敗訴 最高裁判決
いじめ訴訟:病気との因果関係認める 最高裁が差し戻し
政教分離:「神社に市有地提供」20日に最高裁大法廷判決
社説:市有地に神社 最高裁の「違憲」は妥当だ
ひと:須藤正彦さん 弁護士から最高裁判事に就任

仮面夫婦TOSHIと香夫人 応援団もつくドロドロ合戦(J-CASTニュース)
ハイチ大地震 日本人医師奮闘 手術に診察、息つく暇なく(毎日新聞)
大仁田氏、小沢問題に便乗失敗 嘆願書持参も門前払い(スポーツ報知)
<地震>北海道広尾町で震度2 午前1時26分ごろ(毎日新聞)
一方的報道「よろしくない」=官房長官(時事通信)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。